高血圧を改善する秘訣|食事でスマイルアップ

男の人と女の人

心筋梗塞や脳梗塞予防に

食卓

ストレスや運動不足も原因

血圧とは心臓から押し出された血液が動脈の血管壁に与える圧力のことです。血液の量や血管の固さによって決まって来て、この数値が高いものが高血圧と言われます。高血圧で悩んでいる人は多く、今や国民病でもあります。高血圧になる原因には様々なものがありますが、ストレスや疲労がたまっている、塩分の多い食生活、動脈硬化、運動不足などが大きな要因だと言われています。遺伝や病気の症状として高血圧が現れることもあります。上の血圧が140mmHg、下の血圧が90mmHg異常の時に高血圧だと判断されます。血圧は緊張などによって数値が上がるため、この数値は自宅で測ったものよりも病院や検診で測ったものの方が若干数値が高くなります。

生活習慣を改善しよう

高血圧の改善のためには生活習慣の改善が推奨されています。まずは食生活を改善が指導され、塩分の摂取量を減らすことになります。塩分は水分を抱え込む性質があるため、血液中の塩分濃度が増えると身体は血液の濃度を一定にするために水分を取りこむので、血液の量が増えます。これは血管や心臓への負担を増やして高血圧を悪化させてしまう可能性があります。そのため、塩分の摂取量を減らすことが重要になるのです。塩分控えめの調味料も多く市販されているのでそれを利用したり、体内の塩分を減らす働きがあるカリウムを多く含んだきのこ類やバナナなどを積極的に摂取して、血圧が上がらないようにします。甘いものや炭水化物も控えめにして、動脈硬化を防ぐことも重要です。

Copyright© 2016 高血圧を改善する秘訣|食事でスマイルアップ All Rights Reserved.